TAG 便秘に効く果物

桃の効能

書物によれば、桃の原産地は中国。中国では3000年前から栽培され、多くの伝説を持つ神秘的な果物で、長生の実、不老長寿の果物といわれてきました。孫悟空が天界で長生きするために盗んだのが桃で、それは桃に魔よけの力、邪気を払う…

なしの効能

原産地中国では、なしはのどの渇きに効き目が顕著であることが知られていて、〝百果の宗″ と呼ばれ、昔から広く利用されてきたといわれています。特に、漢の武帝は、乾燥する北部の土地はのどを痛めることが多いと、庭園になしを栽培し…

あんずの効能

あんずの英名はアプリコット。現在ではカリフォルニアが主要産地になっています。原産地は中国。中国では杏子と書きます。杏子の林を杏林といい、これは医者のことで、昔、中国の名医が治療代を取る代りに杏を植えさせ、数年で林になった…

すもも(プラム)の効能

 すももは『古事記』にも出てくるほど古い果物で、特に中国では肝を養うものとして、重要な果物とされてきました。  主な成分は良質のペクチンですから、昔から便通をよくする薬効が知られ、緩下剤に利用されています。酸味成分にはク…

いちじくの効能

 いちじくは、〝無花果″と書くように、本当に花らしい花がなく、すぐ実をつける不思議な果物です。数個だけ生のまま食べて、あとは大鍋でコトコトと砂糖を入れて柔らかく煮た「いちじく煮」、いまの名前ではコンポートといいますが、こ…

アボカドの効能

 原産地は中南米。古くから生命の源といわれるほど栄養豊富で大切な食べ物だったのでしょう。特に、主な成分である脂肪は、植物性ですから、血液中のコレステロール増加も心配がありません。また、ビタミンA、B1、B2など種類も多く…

キーウィフルーツの効能

 キーウィフルーツといえば、その生まれは西欧と思われがち。それは、どこかの動物園で見た烏が同じ名前だったからかもしれません。そう、あの鶏を大きくしたような烏、キウイです。  原産地は中国南部で、それが、キーウィフルーツと…

バナナの効能

 バナナといえば、栄養たっぷりの果物ですから、疲れたときにバナナ、風邪をひいたときにバナナ、おなかがすいたときにバナナといったぐあいに、なにかにつけすぐ思い浮かぶのがバナナです。それは、果物が貴重な時代に、いかにバナナの…

オレンジの効能

オレンジとは、みかん、夏みかん、伊予柑など柑橘類の総称といわれていますが、私たちが普通にオレンジと呼ぶのは、大抵ネーブルオレンジやバレンシアオレンジをさしているようです。 栄養的にみると、柑橘類の特徴であるビタミンCが多…

みかんの効能

 みかんは、秋の終りごろから出回り始めるもの、とばかり思っていましたら、近ごろでは夏の暑いときにも店先に見かけるようになりました。冬のものに比べると、小ぶりで甘みが強いように感じるのですが、同じ栄養成分を備えているのでし…