なしの効能

原産地中国では、なしはのどの渇きに効き目が顕著であることが知られていて、〝百果の宗″ と呼ばれ、昔から広く利用されてきたといわれています。特に、漢の武帝は、乾燥する北部の土地はのどを痛めることが多いと、庭園になしを栽培していたといいます。

なしは豊富な水分を含んでおり、薬効といえば、この水分によるところが大きいわけです。特に風邪で熱があり、のどが渇く、せきが出る、たんがからむなどには効果的です。

その他の成分としては、糖分、リンゴ酸、クエン酸、ビタミン類などですが、消化酵素も含んでいますので、消化促進の薬効があります。なかでも肉料理の消化増進に効きます。また、果実がザラザラとした感じがするのは、石細胞があるからで、これは便秘に効用ありです。ただ、消化器系の病気がある人には不向きです。

スポンサーリンク

風邪の熟でのどが渇くとき

なしの水分は果実の89%です。熱でのどが渇いたときの効果的な方法があります。なし1個を薄切りにし、それを冷水300ccほどに半日ほど浸し、その汁を飲むのです。これで熱が和らぎ、のどの渇きも止まります。

同じ風邪でもせきやたんが出るときには、しぼり汁を煮汁にして飲むようにします。それには、なしを1~2個ジューサーでしぼり、これにしょうがのしぼり汁をほんの少量、はちみつ少量を加えて弱火にかけて煮つめます。とろとろになったところで火を止め、これを一日1回飲みます。せきやたんが切れてよくなります。

声がかれたらうがいする

のどの乾燥で声がかれたようになり、よく出ないときには、しぼり汁でうがいをします。なしを1~2個はどジューサーにかけてしぼり汁をとり、これでうがいをします。のどを潤すのはもちろんですが、肺も潤しますから、声がれがよくなるというわけです。

肉料理に欠かせないなしの効用

肉料理は腸に負担をかけますから、早めに消化されたほうが腸のためにもいいのです。そこで、肉料理のあとは、なしを食べて蛋白質の分解を進めることです。デザートになしの砂糖煮などはいかがでしょう。甘みを極力控えれば、結構おいしいデザートです。

二日酔いには蓮根と一緒に

二日酔いのとき、早くすっきりさせるためには、水分をたくさんとり、アルコール分を身体の外へ出すことです。それにはなしと蓮根を同量ジューサーにかけ、ジュースにして飲むようにします。このジュースは中国では蓮梨汁(リェンリイジュー)といい、薬膳にも用いられています。

あせもになしの葉風呂

あせものかゆみは耐えられないことがあります。特にひどくしてしまったときは大変です。あせもにはなしの葉の風呂が効果的です。
なしの葉適量を風通しのいい所で乾燥させます。これを布袋に入れてお風呂に入れ、水から沸かします。この中にゆっくりと入浴するのです。あとを清潔にしておくと、かゆみもとれ、早くよくなります。

なしのむき方

スポンサーリンク